MENU

限度額も忘れず確認!

30万円必要でカードローンを申し込むなら、限度額は30万円にしておけばよい、こう考えていませんか?カードローンの限度額は、しっかりと確認して決定することをおすすめします。カードローンの限度額とは、この金額まで利用できますよ、という額になります。たとえば、限度額が50万円の設定となると、借入できる最少額から50万円までは自由に何度も借りられるのです。

 

そして、必ず知っておきたいのは、限度額によって原則として提出書類が変わってくるということです。消費者金融では、50万円までの限度額なら収入証明書なしで申し込みできます。消費者金融では総量規制の額が関わってきますが、50万円いっぱいまでの限度額を申し込んでも、それより少ない限度額を申し込んでも、準備する書類には違いがなく手間が変わらないということになります。銀行カードローンでは、各銀行によって収入証明書を提出する限度額に違いがあります。これを考慮して限度額を決定するのもよいでしょう。

 

さらにカードローンでの限度額は、金利と大きく関連していることを忘れてはいけません。限度額が大きくなれば、金利が低くなるカードローンが多いのです。そのため金利のことを考えて、必要額よりも大きな限度額で申し込むのもお得にカードローンを利用する方法となります。

 

いきなりあまり大きな限度額が設定できないこともあります。しかし、カードローンの利用状況によって信用度が上がっていくことで、限度額を大きくすることもできるのです。利用途中に限度額の増額をすることで、金利も低くなる可能性があるカードローンを選んでおくのもよい方法でしょう。

 

限度額はなんとなく決めてしまうことが多いかもしれませんが、カードローンの利用においては意外と重要なポイントを占めています。申し込み前にどう設定するのかきちんと考えておきましょう。