MENU

カードローンで借り換えもできる?

カードローンを借り換えに利用して、負担を減らすことも大切です。「今使っているローンの金利、絶対に高いと思う!」「返済方法が一つしかないから、どうにも不便で返済が面倒になっている。そのうち遅れてしまいそう。」ローン利用中に、大満足という方もいれば少なからず不満を感じている方もいるはずです。

 

返済があと数回ならともかく、まだ返済回数がたくさん残っている場合や、継続してカードローンを使っていきたい場合なら借り換えという方法を考えてみることも大切です。

 

一部のカードローンでは、他のローンでの借り換えに利用できないこともあります。また、消費者金融の借り換えやおまとめローンは貸金業法に基づいたローンとなります。そのため、現在の借入が貸金業者からのもの、と決まっています。つまり消費者金融のローンや、クレジットカードのキャッシングなどが借り換えられる対象となるのです。

 

借り換え先のカードローンの選び方としては、現在のローンよりも金利が下がることで、返済額を減らせるものを優先したいものですね。しかし、金利は大きく変化しなくても、返済方法が変わることや返済時の手数料などによっても、返済自体の負担を軽くすることもできます。現在のローンを一括返済することになりますので、その際の手数料などはかからないか、といったことも確認しておく必要があるでしょう。

 

現在のローンでの問題点を、まずははっきりと把握することから始めましょう。借り換えはそれなりに手間もかかりますので、それだけの効果が得られるローンを選ばないと意味がないということになってしまいます。