どんな時にカードローンを使う?

たくさんのカードローンが発行されていることを知っている方は多いですね。しかし、実際にどんなときに使うのがよいのかは、ピンと来ないのではないでしょうか。「お金がない時でしょ?」いえいえ、カードローンはそれだけに限定するのはもったいないほど便利です。

 

お金が足りなくなってからカードローンに申し込むのではなく、契約のみしておくこともできます。これなら、いつでもお金を準備できるようになりますよ。カードローンは、入会金や年会費などが必要ありません。そのためすぐに借りられる状態にしておいても、維持費がかからないのです。他にもまとまった額も利用できるカードローンも増えています。大きな金額を借りられるカードローンでは、足りない時に利用するだけではなく、目的のある借入にも適していますね。

 

また、お金を借りたいシーンに合わせて、借入する方法が豊富なカードローンも見つかります。インターネットで振り込みを依頼して、自分の銀行口座に借入する振り込みキャッシングという借入方法はとても便利です。さらに、カードを使ってATMで借りる方法も利用できるカードローンもたくさんありますね。

 

カードローンの魅力は、こんな時だけに借りると限定しなくてもよい点にあるでしょう。どこで借りるのか、どんな時に借りるのか、その時々に応じて自由に決めることができます。もちろん、お給料日前のピンチを補う、冠婚葬祭などのとっさの出費といったカードローンらしい利用方法もおすすめです

 

カードローンに種類はある?

カードローンのお金借り方を探してみると、色々な金融機関から発行されているのはすぐに見つかります。それぞれ違いなどがあり、使い分けたり選んだりする必要があるのでしょうか?

 

カードを使って借りるローンがカードローン、と考えている方も多いのですが、それだけではありません。カードを使わずに、振り込みキャッシングを利用するローンであってもカードローンという名称が使われていることがあります。また、ローンカードという名称は、信販会社やクレジット会社が発行しているもので使われていることが多いですね。利用方法はカードローンと大変似ていますが、中にはクレジットカードのようにショッピング時に利用できるものもあります。

 

ただし、発行している金融機関によって、規制を受ける法律が違っています。貸金業者(消費者金融や信販会社など)が発行するカードローンおよびローンカードは、貸金業法の規制を受けます。借入できる額が決まっている総量規制や、本人収入がある方のみ申し込めること、さらに上限金利などが厳密に決まっています。銀行が発行するカードローンでは貸金業者のカードローンと利用方法はとても似ていますが、貸金業法の規制は受けません。

 

カードローンとついていればすべて同じと思ってしまいますが、そうではありません。もちろん金利や限度額を把握した上で、とにかく名前や金融機関だけにこだわるのではなく、どのような利用方法ができるのか、自分はどうやったローンを使っていきたいのか、この点を抑えておきましょう。

 

マネープランに合わせてカードローンを使う

お金のピンチにサッと補う、この利用方法がカードローンでは確かに多いでしょうか。しかしカードローンはとても利便性が高いものです。その利用方法を限定してしまわないほうがよいこともあります。

 

今、マネープランが重視されていることは言うまでもないでしょう。限られた収入の中でうまくお金を使っていくことは、誰もが望むことです。しかし、実際には思ったよりも出費が重なったり、上手に貯めていくことができなかったりということのほうが多いのではないでしょうか。そんな時に、カードローンは有効活用できるものとなってくれるはずです。

 

カードローンは、更新する制度のものが多くあります。通常の利用なら、自動的に更新されることがほとんどです。そのため、長期に渡るお金の計画などに使うのもピッタリといえるでしょう。また、限度額の範囲内で何度でも繰り返し借りることができるので、借りたいタイミングごとに手続きをする必要もありません。

 

カードローンを取り入れることで、必要なものをすぐに手に入れたり、やりたいことをすぐにできたりというメリットを得られることも多いです。すぐに旅行に行くことで、費用を抑えられることもあります。限定品など、どうしても欲しいものは即購入しなければなくなってしまうこともあるでしょう。我慢するストレスを失くせることも利点ですし、お得な利用につながることもあります。これまでどんなにお金の計画を立ててもうまく進められなかった方も、安心感の持てるカードローンはおすすめの方法です。

 

すぐ借りたい時にもOK!!

カードローンは、今すぐに借りたい、今日中に借りたいという時にもOKなものがたくさん見つかりますね。カードローンの契約さえあれば、自分に適切な借入方法を選びキャッシングできます。
さらに、契約がない場合に申し込みをするところからスタートしても、すぐに借りられるようになるカードローンもたくさんあって安心ですよ。消費者金融のカードローンなら審査時間は最短30分となっており、即日借りられるようになることも難しくありません。また、銀行カードローンでも審査日数が短いものも登場しています。即日から3日程度で借入できるようになるものもたくさんあります。

 

またカードローンは申し込みの準備が少ないのも、すぐに借りたい時におすすめできる理由です。提出書類は運転免許証などの本人確認書類、限度額に応じて収入証明書類、原則としてこの2種類となっているカードローンがほとんどでしょう。また、手続きのステップもとてもわかりやすくなっています。借りたいと思った時に、ネットを利用することですぐに申し込みをスタートすることもできるのです。

 

借入したいタイミングまでの期間と、ローンスペックとしての金利や限度額などを併せて考えてカードローン選びをすることができます。金利の低さや限度額の大きさと審査時間が比例しないカードローン、つまり限度額が大きくても審査時間が短いカードローンもありますので、急いでいる時にもより使いやすいものを選べるでしょう。